危険物倉庫なら築港|ITシステム危険物倉庫なら築港|ITシステム

  • HOME
  • >ITシステム

物流の効率化をアシストするシステム構築

2004年にリプレースした社内基幹システム「CITRS」を中心に、案件の進捗状況をWEBベースで確認していただけるよう、築港は独自構築した輸入進捗管理システム「CIIS-I」、バルク進捗管理システム「B.I.T.S」、を基幹システムに統合、2009年よりお客様の必要とされる通関許可書をお客様自身でダウンロードして頂ける通関許可書公開システム「C3」をスタートさせリアルタイムに情報提供しています。また自社で情報システム要員を養成し、お客様にネットワーク提案も行っています。

情報管理システム CITRS
倉庫管理システム
入出庫管理、在庫管理、保管料荷役料計算、顧客I/F
海貨通関システム
受注、B/L作成、通関(税関オンライン)、他法令、倉庫システムI/F、請求システムI/F、作業予定システムI/F、顧客I/F
請求システム
各種請求処理、会計システムI/F、下払い管理、立て替え管理、顧客I/F

危険物・化学品取り扱いデータを一元管理

築港は各事務所に蓄積された危険物・化学品の取り扱い実績、取り扱い方法などを収集・データベース化し、全社で一元管理しています。初めて輸出入される貨物であっても、類似種データや最新情報をもとに的確な対応が可能です。全国どこの事業所でも、標準化された信頼性の高いサービスをご提供します。

WEBベースでリアルタイムに情報提供

受注案件の進捗状況をいつでもお客様に確認していただけるよう、インターネットを利用したバルク進捗管理システム「B.I.T.S」、輸入進捗管理システム「CIIS-I」、通関許可書公開システム「C3」を運用しています。従来はお客様、営業、業務、通関、倉庫と個々に連絡を取っていましたが、データベースを全社一元化することで、より迅速・正確な情報提供を可能にしました。

C3(通関許可書公開システム)
C3(シースリー)は、輸出入通関許可書を、WEBベースでお客様へご提供するシステムです。
弊社では2008年10月にスタートしました、新Sea-NACCSに合わせて、各地のNACCSデータを集約・データベース化を開始しております。これを基に、お客様が必要とされる通関許可書(PDF形式)をタイムリーにご提供する事が可能となりました。また、これらのデータは、許可後3年間はいつでも参照可能な状況を整えておりますので、事後調査への活用や、各種統計の作成等にご利用頂けます。
お客様ログインページ
※ 現在、ダミーデータによるデモンストレーションを  公開しております。

B.I.T.S(バルク進捗管理システム)
B.I.T.S.は、バルクカーゴの荷役情報を、WEBベースでお客様へご案内するシステムです。
パソコンだけでなく、携帯(iモード)からでも、全国の各作業現場においてリアルタイムで情報入力、夜間や祝日、沖荷役、の作業時間、進捗状況や荷役数量まで即座にご案内できるように対応しています。
また、B.I.T.S.システムは、各お客様の全データを蓄積していますので、データの検索、抽出、ダウンロードによる情報提供が可能です。
お客様ログインページ
全国各地のバルクカーゴの岸壁荷役から本船荷役まで、進捗情報などをご案内します。
本船動静確認
バルクタンカー本船の神戸沖、横浜沖入港予定日、時間をご案内します。

CIIS-I(輸入進捗管理システム)
CIIS-Iは、輸入貨物の入港予定情報、搬入情報、通関情報、作業情報、リマーク情報などを、電話やFAXによるお問い合わせ・ご連絡に加えて、WEBベースでも情報提供を行うシステムです。
データベースを全社一本化することで、情報の共有化を実現。お客様への迅速な情報のご提供と、社内効率化、ペーパーレス化もめざしています。
また、e-mailでの情報ご案内や、お客様からのご連絡受付も行っています。
ほかにも、CIIS-Iシステムは、各お客様の全データを蓄積していますので、データの検索、抽出、ダウンロードによる情報提供が可能です。
お客様ログインページ

  • ENGLISH
  • CHINESE